家族会議と俺様ボヤキ
今日はシムラの学校転入手続きを問い合わせて
来月下旬、学校説明会と面接試験を受ける事になった。
その時に新居の契約もしてしまえたらいいな。

そして今夜は母宅に姉のうちのひとりと弟も集まって
母と同居の姉に話をした。

やっと長男(弟)が重過ぎる腰を上げて
真剣に母達の世話を考えてくれる事になってほっとした〜
なんか全てがトントン拍子に運んでてちょっと恐いくらい。
てか1年近くずっと悩みに悩み続けてハゲまで出来た自分ドンマイ!的な。
やっぱりそう云う時期だったのかな。。

これで私の仕事がサクっ〜と決まれば云う事ナッシングなんだがね。

c0049919_0512567.jpg
今夜も温泉湯豆腐んまかったし♡






近頃ウチの息子がなーんか元気ないのよ〜

結婚したとか云う噂がマイスペースで世界中にバラまかれたのを気にしてるのか
それとも歌舞伎クルーのひとりとトラブってその人物を外した事を引きずってるのか
はたまたこれからの自分の音楽性に対してまた悩んでるのか・・・

んー きっと全部かも〜 なんちって


新しく打ち出したNEO TOKYO SAMURAI BLACKって云うイメージは
「普通のカッコしてやってる事はエグイ」って云う感じらしいから
エグい音にすご〜く期待ムラムラなのに
本人が「これからはファンが望む雅像を取り入れたい」と発言した事で
ファンの中では、「そんなの雅くんらしくない」と
心配や不満の声も上がってるようで、、

すっかり大人の階段を登り始めた彼も
今までの「俺様」の仮面を外して、
本当は優しくてすごーくあったかくって、
でも気にしいでたまには弱音も吐いちゃう彼の
人間臭い姿を垣間見せてくれるのが私はすごく萌え〜なんだけど

例えばファンが10人いるとして、
今まで色んな音楽を創って来て、
ぶっちゃけその都度ファン層が入れ替わって来た彼が
その10人でさえ全員を満足させるのは難しいって事分ってると思うけど
その上でのこの発言、私は素直に嬉しかったんだけど

、、でも本当は、彼自身がまだ本当に自分が演りたい音楽に
出会えてないのかなって、ちらっとそう感じた。

その音創りに関して、、
今まで彼がやってきた、音楽のジャンルをミックスしたり
新しいモノを創ろうとするのは確かに面白い試みではあると思うんだけど
もうそろそろ「雅」って云う音楽にも一貫性を持たせるべきじゃないかと。

私は「独奏」スタイルが一番好きだし
エンターティンメント性においても確立出来ると思うんだけどな、、
まさにギターサムライ。
ただそれをね、とにかくひとつの事をしばらく続けて欲しいのさー
まずこの日本でも認められるまで。

まず「ひとつ」を極めてみて欲しい、と。

最初はかなり戸惑った歌舞伎男子zとの音も
ひとつになってすごくカッコイイライブが出来上がったな〜
って実感出来たのに、もうきっとあのメンツで創る音には
出会えなくなりそうだし。。

正直なところ、音楽に「ジャンル」がなかったらつまんないと思うし
音楽ファンのし好なんて意味持たなくなっちゃうし
本当に「彼の音楽が好きで長年ファンです」って云える仔は
少なくなっちゃうんじゃないかなって思ったりする


あの日武道館で競演した、kagrraだってKraだってガゼットだって
皆これが自分たちの音楽だ!って自信持って
ずっと同じ事続けてきたからこそ
武道館のステージで演れる日が来た事をどのバンドもすごく喜んでたし
心から楽しんで演ってた。

なのに、、雅くんは楽しめてなかったよね
なんかね、すごく切なかった
海外から来たファン達もちょっと驚いてたろな、、


4月5日の日比谷野外大音楽堂でのライブは
また「NEO」な彼を見せてくれるんだろうけど
それが"ファンが望む彼の音"じゃなくてもいいから、
自己満足でも何でもいいから、

自分が本当に演りたい音楽を
演ってて体が痺れる音楽を楽しんで生きて欲しいし
自信を持って、その音楽を続けられる自分を
早く見つけて欲しいと心から思うんだわ。
[PR]
by hanakononikki | 2009-01-20 00:53 | EVERYDAY
<< 降らせた雪も溶けそうなくらい 2009年明けました >>


日々の喜怒哀楽を沢山の愛と少しの毒で綴る場所   はぁ・・ロンドン恋しい
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30