愛と云う名の宇宙
c0049919_2157408.jpg

フランスが生んだ、世界に君臨するシャンソンの女王エディット・ピアフの一生を描いた
「愛の讃歌~エディット・ピアフ物語~」


美輪様の舞台はもうすっかり恒例で
定期的に心を浄化して戴く。
今回は私の仕事の都合もあって
真昼間から愛を授かってきた。
蜜姫とママンとで久々にステキな時間を過ごして
たいそう楽しゅうございました。

14時半開演で終わったのが18時半…
やっぱり美輪様は、色んな意味でこの世のものではないのかも。
今回もしっかと空中ハグで宇宙へと飛ばされました。(合掌)

ありがたやありがたや…(涙腺決壊)
でも流石に連日の舞台でちょっとお疲れだったのか
いつもの圧倒されるようなオーラではないように感じて心配だった。
美輪様も今年で御歳71歳(!)、どうかあまり無理をされないように…






c0049919_23245816.jpg大道芸人の貧しい家に生まれ、
母親は彼女を生むとすぐに家出。
15歳の時に「ストリートシンガー」として自活を始める。
18歳の時に2歳の娘を病気で失い、
恋人を事故で奪われ、
自身もアルコールやドラッグで
身体がボロボロになりながらも
果ては47歳の最期を癌が奪う。
(ドラッグによる心臓マヒ説もあり)

「愛の賛歌」は、
妻子もいた恋人、マルセル・セルダン(ボクシングの世界チャンピオン)の為に書いた曲で
その発表前に、セルダンがピアフの巡業先のニューヨークに会いに行く途中、
飛行機事故で他界してしまう。

そして最期を看取ったのは、ピアフより20歳(!)も若いギリシャ人のテオ・サラポ。
彼はピアフの大ファンで、恋人になった当初は
名声目当てだとかなりバッシングを受けたらしい。
1962年にピアフと正式に結婚をしたサラポは、翌年のピアフの死後、
5年にも渡って彼女が残した莫大な借金を全て働いて返済した後
事故で亡くなったと云う。(自殺説もあり)

その数奇な一生は、どんな時でも「愛」に満ちていたんだなぁと
まるでピアフのために天から使わされたようなサラポや
セルダンの存在を思うと胸が震える。


  いつの日か人生が私からあなたを引き離し

  あなたが死んで 私から遠くへ行ってしまっても

  そんなことはどうでもいいの あなたが私を愛してくれれば

  だってこの私も死ぬから

  無限に広がる青空のなかで

  私たちのために永遠が待っている

  天国には何の問題もない

  ねえあなた 私たちは愛し合っているのよね

  神は愛し合っている人間を結び合わせてくれる
      
                            「愛の讃歌」より
[PR]
by hanakononikki | 2006-06-07 22:35 | PLAY
<< 69の日 女装する男にゃめっぽう弱い >>


日々の喜怒哀楽を沢山の愛と少しの毒で綴る場所   はぁ・・ロンドン恋しい
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31