カテゴリ:PLAY( 4 )

花形歌舞伎
c0049919_10553511.jpg

昨日は歌舞伎初体験!

んもぉぉぉ 素晴らしい! Bravo!!
まさに Astonishing!!!

この感動を早く打ち込みまくりたいっ!!と思っていたのに
PCのキーボードがぶっ壊れて(TとGが異様に硬い;
アタマにきてTのカバーを外したら、なんか繋いでた部品がパキっと割れて
元に戻らないんでやーんの。 (´;ω;`)オォォ
打つのに相当時間がかかってしまうけれど
まぁ、休み休みやるわぁ

念願の初歌舞伎、初博多座ってことでもうウキウキワクワク♪
だがしかし、オシャレな服も着物も持ち合わせてはおらんので
いたって普段着で出かけて来たよ。 ショボーン

2階の1列目は、舞台が思いの外近くて見晴らしがとっても良い。
c0049919_22294353.jpg

c0049919_2230349.jpgお上品なオバちゃんオジちゃんが
ひしめき合っておったけれど
着物と日本髪で皆の目を惹いていた、
若いふたりの女性がとても美しかったなぁ

開演前に中村亀鶴による前説があって
拍手の練習(笑)や、簡単な演目と歌舞伎
についての説明の後、
「普通の演劇と何ら変わりはありませんので
硬くならずに、拍手や声援などで
このライブ感を楽しんでください」と云うと
突然舞台からでんぐり返って客席にダイブ
したのだけど(傾いてるわぁ~笑

勢い余って着地に失敗、座席の肘掛に
頭を打ってしまったようで
とっても心配したけれど、
三幕目でちゃんと予定通り出演していたので
ひと安心。(;ω;)イタカッタロナー

二月二十三日(土)まで上演!(←千穐楽はすでに完売)
三階席は¥4000で観れるよっ

【演目】
[PR]
by hanakononikki | 2008-02-12 23:58 | PLAY

泣きなさい 笑いなさい
悪魔とダンスを踊った後は
妖怪、、も、もとい!菩薩さまに魂をお行儀よく整えて戴きました。(合掌)
んーこのなんての、メリハリ?みたいな? (メリってナニよ?

それはそれは素晴らしい愛の権化、美輪さまの音楽会で
私の中の不浄なものの丸洗い。
c0049919_0332863.jpg

前々から絶対に一度連れて行こうと思っていた念願の母を連れて
一緒に拝見して参りました。

お芝居ではなくて、歌とお喋りがメインの「音楽会」だったのですけれど
毎回そうであるように今回も
歌の説明に絡めて、さまざまなこの地球上に蔓延る問題ですとか
美輪さまが日々感じる喜怒哀楽を切々と語ってくださるのと
魂の底から、まさに演じるように歌われるので
まるで「お芝居」も同時に楽しめるような内容で御座いました。

まだ続くので御座います
[PR]
by hanakononikki | 2007-10-23 00:02 | PLAY

愛と云う名の宇宙
c0049919_2157408.jpg

フランスが生んだ、世界に君臨するシャンソンの女王エディット・ピアフの一生を描いた
「愛の讃歌~エディット・ピアフ物語~」


美輪様の舞台はもうすっかり恒例で
定期的に心を浄化して戴く。
今回は私の仕事の都合もあって
真昼間から愛を授かってきた。
蜜姫とママンとで久々にステキな時間を過ごして
たいそう楽しゅうございました。

14時半開演で終わったのが18時半…
やっぱり美輪様は、色んな意味でこの世のものではないのかも。
今回もしっかと空中ハグで宇宙へと飛ばされました。(合掌)

ありがたやありがたや…(涙腺決壊)
でも流石に連日の舞台でちょっとお疲れだったのか
いつもの圧倒されるようなオーラではないように感じて心配だった。
美輪様も今年で御歳71歳(!)、どうかあまり無理をされないように…

[エディット・ピアフ]1915~1963
[PR]
by hanakononikki | 2006-06-07 22:35 | PLAY

「黒蜥蜴」
c0049919_2150449.jpg

冷たいダイヤモンドが、初めて愛を知り、孤独を知る。
気高さゆえに愛を葬ろうとし、愛ゆえに至福のままに散りゆく。
頽廃の世に咲いた徒花、聖女黒蜥蜴と、
理性と知性の鑑、明智小五郎のロマンティシズムがとけあう。
江戸川乱歩、三島由紀夫、美輪明宏、かくも天才たちの共演。最後の美の砦。
誰も愛に傷つくことはない。ただ愛するものの喪失にこそ、傷つくのである。

原作 江戸川乱歩
脚本 三島由紀夫
演出・美術・音楽・衣装 美輪明宏


今回の美輪様ワールドは、休憩を3回も挟む長丁場で(上演時間3時間近く)
私に美輪様の素晴らしさを教えてくれた"師匠"の蜜ちゃんと
蜜ちゃん同僚のお友達と3人で延べ4時間ほどの時間を堪能してきた。

厳かに始まりの鐘が鳴ると、会場にはまるで空調の空気口から
散布しているのではないかしらと思わせるほどに
美輪様のかほりが漂い始めるともうそこはあなたの知らない世界…

c0049919_229130.jpg
予想に反して(失礼)
すごくカッコよかった
明智小五郎役の高嶋政宏
(ハマり役かも)


c0049919_2213198.jpg
まるで過去からやってきたような
裕次郎カット。(笑)雨宮潤一役、木村彰吾













師匠・蜜姫のお話では、
前回(2003年)と比べるとこの二人の演技が各段に巧くなっていたらしい。
お芝居自体滅多に見ないので、
とにかく感心するのは「よくあれだけの台詞覚えられるなぁ・・」とは
一昨日の晩御飯が時々どうしても思い出せないプチアルツ花子。゜д゜
絢爛豪華な衣装やセットにも驚嘆したけれど、美輪様の衣装早代わりにも驚いた。
(生着替え、ちょっとだけ覗いてみたい・・)

そして、毎回これが見たく(拝みたく)て会いに行くと言っても過言ではない、
カーテンコールの美輪様のお顔。
今回はさらに菩薩オーラがゆんゆんしていてつい手を合わせたくなってしまった。
(今回は投げキッスに加えて強力な空中ハグつき)
何故か涙が出るのよねー ホロホロ

・・・もしかしたらこの人は、人間の姿をした宇宙人ではないのかしら
なんて私の頭が異次元空間にワープしそうになるほど癒される。
その宇宙的な愛で、これからも迷える一般市民を救ってください・・・(合掌)
[PR]
by hanakononikki | 2005-06-15 21:21 | PLAY


日々の喜怒哀楽を沢山の愛と少しの毒で綴る場所   はぁ・・ロンドン恋しい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31