<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人生の終わり
昨夜、叔父(母の弟)が長年の闘病の末、他界した。
まだ66歳だった。

母の兄弟は男4人に女3人の計7人。
終戦後、9人家族で韓国に引き揚げたものの、日本以上に悲惨な祖国の有様と
仕事を見つけることもままならない現状に、また日本へ戻って来た。

貧しくても、「ゼロ」から始める夢と希望で心は豊かだったあの頃を思い出し
昔話を何度も繰り返す母と同じく
叔父もこのところ、初めて昔話を突然子供たちに語っていたと言う。

そんな母の兄弟は、結局皆が同じ商売を始めた事が原因で
10年以上も前から仲たがいをしてずっと疎遠になっていたので
従姉妹達と会うのも本当に久しぶりで、
皆いいオジサンオバサンになっていてそりゃ驚いたけれど。

でもそんな空白も、叔父の死によって
また昔のように一堂に会して、埋める事が出来たようで
不謹慎だけれど、嬉しかった。


皆が笑いながら泣いていた。





c0049919_0284812.jpg
従姉妹の息子「雅(みやび)くん」!

消え行くいのちと生まれたいのちと
みんな繋がっているんだよね
[PR]
by hanakononikki | 2005-09-24 23:50 | EVERYDAY

空の青と本当の気持ち
c0049919_235619.jpg


自分の気持ちが見透かされているような空だった


今日も一日 ありがとう

そして明日も よろしくね
[PR]
by hanakononikki | 2005-09-18 23:57 | EVERYDAY

芸能人じゃなくても歯は命
今日は久しぶりに歯医者に行った。

奥の歯茎が痛んで歯ブラシもあてられないくらいだったので
看て貰ったら、どうやら寝てる間に歯ぎしりをしているらしく
少ーしだけど奥歯が動いて、間に食べ物が挟まり炎症を起こしていた模様。
クリーニングと薬をつけるだけで済んでひと安心。
歯ぎしりによる磨耗や歯茎の炎症を防ぐマウスピースを作ってくれた。

体質的にあまり丈夫な歯茎ではないと前から言われてはいて
歯磨きには結構時間をかけていたから
全体的によく磨けてはいます。とお墨付きをもらったのだけど…
歯茎も加齢によって痩せてしまったりするから悲しいわぁ

ついでに、下の奥歯に被せてあるクラウン(金属)部分が
かなり目立つのが気になっていたので
白いものに代えてもらうことにした。

色々とコンプレックスはあるけれど、やっぱり若い頃から一番のコンプレックスは口の中。
実は20代の頃から自分の歯を4本も失ってからと言うもの(ケンカで抜けたんじゃないわよ)
両隣の健康な歯を削って犠牲にしなきゃならなかった昔のブリッジ治療法による悪化で、
昔通っていた歯医者から出産後、
あなた、このままだと40代で総入れ歯になるかも知れませんね」と脅され
だからどうするべきだと言う治療法も提示できないこのヤブ医者とは
引っ越しを機に離れることが出来た。

そして今通ってる近所の歯医者さんは、ほんっとうに親身になってくれて、
治療の痛みも全くと言っていいほどない。(麻酔注射も全然痛くないんだからスゴイよね?)
まず、「自分の歯を絶対に抜かずに出来る治療」を大前提に取り組んでくれるところで
グラグラになった歯も、親知らずも絶対に抜かない。
歯は年齢に関係なく、動くものだからどうにでも調整出来るんだって。
初診の時「私、40代で総入れ歯になるって言われたんですけど」と言ったら
そんな事は絶対にありませんよ」と言ってくれて、
もうそれだけで治療の80%は成功じゃないかと思えた。

・・・これからの人生、一生お付き合いさせて頂きます・・・

そんな歯医者さんを皆も見つけてね~


[うらかわ歯科]
夫婦でやってる歯医者さんで、時~々患者の前で軽く夫婦ゲンカするのが面白い。´ー`;

今日のミヤヴィくん
[PR]
by hanakononikki | 2005-09-10 00:19 | EVERYDAY

人生変えた映画
話題の映画「NANA」を観て来た。
c0049919_1148999.jpg









…もちっとROCK色の強い映画かと思ってたんだけど
中・高生向きの可愛らしい恋愛ものだった。
そりゃ人気漫画の映画化だもんねー(漫画は読んでない)
中島美嘉ともうひとりのナナちゃんが可愛かったから良かったけど。
一緒に観た娘の感想は;
「バンド役に力゛ゼットが出てたら面白いのに」(笑)

玉山鉄二クンがバンドのベーシスト役だった事に、最後のシーンまで気づかなかったくらい
出番が少なかったのが残念。
松田龍平は初めてスクリーンで観たけど、どうしても父親と比べてしまって
ちょっとインパクト薄かった。

2年ほど前に観たグ・スーヨン監督の「偶然にも最悪な少年」の中島美嘉がすごく良かったから
期待してたけど、前のがずっと演技上手かっ・・(自粛)
てか私的には「偶然・・」の方がずっとロックな映画で面白い。
ま、ロックの定義なんて人それぞれだけど。

あの頃の感動と自分を思い出す、私の”人生を変えた映画”は「タイムズスクエア」('81・米)
この映画を観て、諦めかけた夢を叶えようと心に決めて
ロンドンに渡ったあの日の花子は青かった…

嗚呼青春。

c0049919_11372434.jpg

[今夜のオカズ]
[PR]
by hanakononikki | 2005-09-03 23:01 | FILM/BOOKS


日々の喜怒哀楽を沢山の愛と少しの毒で綴る場所   はぁ・・ロンドン恋しい
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30